ブログネタ
UQ WiMAXについて に参加中!

WiMAX2端末:NECの気配り

WiMAX2+の機種はあまり出ているわけでは無いが、W01を含めたあらゆる端末を見ると、結局NAD11が一番正解だったと思える。
私自身もNAD11で契約をしたし、使ってみて、コレを選んで正解だった。
今月一杯はmobile-Slimを使うとして、来月からはNAD11で運用していく。
NAD11契約で一つ無念だったのは、GMOでWiMAX契約切り替え時、NAD11だと色を選べなかったところか(HWD15は選べた)。

3月にNECはまた、新しい端末を出すようだが、やはりNECは良く分かっている。
新しい端末にもLTEを搭載していないため、『ギガ放題』に申し込めば、パケットを気にしなくていいということだ。
半面、HuaweiはHWDシリーズにしろW01にしろ、LTEを使わないように気を配らなくてはならない。

やっぱり値上げは響く

NECの新端末が2/10くらいまでに出るようだったら、NAD11への切り替えは「失敗した」と悔やんだだろう。
それが3月リリース予定というから、やっぱりNAD11で正解だったと思える。
結局、今WiMAX2+を申し込めば、月々3,609円で使えた(私はGMO WiMAX契約の為)。
NAD11では下りのMAXは110Mbps止まりだが、元より、下りMAX40Mbpsの既存WiMAXで困ったことがあっただろうか。
実際のところ、mobile-slimを使っている今でさえ不便は感じない。
「下りMAX220Mbpsになります!
だから速度制限なく使えるようにするためには、月々700円多く払ってください!」
と言われても、「いやぁ、それはちょっと・・・」というのが本音だ。

結局、価格面、性能面、機能面でトータルで見ると、NAD11で申し込むのが一番正解だった。
W01がキャリアアグネーション対応端末として注目を浴びているが、LTEを受信した段階でその月はハラハラしないといけない。
安心して使えるNECの新端末の発売は3月で、値上げプランで使わないと制限が掛かる。
ならば、2/19までの申し込みなら、NAD11で申し込むのが一番安心だ。