ブログネタ
だめなテーマ に参加中!
Joomla!の操作を覚えるために運用していたテストサイトを、ブログサービスに移そうかと思ったことが、何度もある。
使っているテンプレートのProtstarが今一つイケてないテンプレートだからだ。加えて、単純にアクセスを集めるならブログサービスの方が優れているという要素もある。
そのため、Joomla!で作ったテストサイトをたたんで、ブログサービスに記事を移行しよう。そう考えたことが、何度もある。
しかし、その度に結局、Joomla!から抜け出せないことを思い知る。
Joomla!から抜け出せない要因は主に3つある。

1⃣まず記事の移行が面倒
2⃣次に私がブログ型のテンプレートに馴染めない
3⃣Joomla!が一覧化の機能に優れている

こうしてJoomla!から移行の決心がつかないまま、遂には記事数は100記事を超えることになる。

一覧化に優れたJoomla!

Joomla!から抜け出せない要因の最たる要素が、コンテンツの一覧化機能だ。
ブログサービスの場合、このように記事のタイトルを一覧化するような機能はない。
このブログはライブドアブログの法人用テンプレートを使っているが、ブログサービスで当ブログテンプレートのような動きをするテンプレートなどわずかだ。
bLOG
一般的なブログサービスだと、このような出力形式になる。
タグやカテゴリをクリックした後に出るのは、個別記事のショートディスクリプションとなる。
簡単な全文が表示され、下の方に『続きを読む』という表示があるだろう。
この場合、ある程度回線速度が速くないと、表示まで時間が掛かってしまう。
IMG_9340
こちらがJoomla!ではじき出したページだ。
『カテゴリ』や『タグ』といった機能はJoomla!にもあり、タグの行先もまた、一覧化される。
joomla!tag
タグをクリックして移動するJoomla!が一覧化した記事タイトル
こうした一覧化の良いところは、ページあたりの情報量を少なくできるということだ。
例えば2chの掲示板をまとめたサイトなどは、ブログサービスの提供する掲示板用テンプレートを使っていることが多い。アレなどはデータ量が多いため、回線速度が出ないと、表示までにだいぶ時間が掛かってしまう。
その点Joomla!は、カテゴリページやタグページで下位に紐づく記事のタイトルだけを一覧化できるため、ページの表示を速くすることができるのだ。

それでもJoomla!は優れていた・・・

Joomla!はソレ単体でも、かなりの機能を備えており、HTMLの知識無しでそれ相当のサイト(&ブログ)を作ることが可能だ。しかし、それだけに、操作の習得に時間を要する。決してシンプルなCMSではなく、複雑性を備えたCMSなのだ。
そんなJoomla!は世界では2番目にシェアが高いCMSである。
尤も、世界の6割がWordPressで回っていて、日本に至っては8割がWordPressなのだが・・・。
(とはいえ、WordPressはアフィリエイターがシェアを伸ばしていると思われるため、エンタープライズ向けCMSと同列に語ることはできない気がしている。)
本来なら個人向けであるブログサービスと、エンタープライズ向けであるJoomla!を比較すること自体、ナンセンスだったのかもしれない。
Joomla!はその操作の習得が面倒なCMSであるが、一度型にハマれば、その機能の利便さの前に、他のCMSへの移行を許さない(ブログサービスもCMSの一環である)。
Joomla!は世界第2位のシェアを持ち、とりわけ欧州で強いCMSだという。
残念ながら一度Joomla!で作ったサイトをブログサービスへ移行するなどということは、当面できそうにない。