ブログネタ
IT一般 に参加中!

使用自体は可能

晴れて10月に入ってからリリースがなされたbaserCMS4.0.0。
Zipファイルをダウンロードしようとしても、Windowsのセキュリティが効いてしまってダウンロードできなかったのだが、IEの設定にてSmartScreenを無効かさせることで、ダウンロードはできた。

まったく、せっかくの旅行なのに2泊をネットカフェで過ごし、ようやっとホテルの布団で寝れた時にはグッタリ行ったのだが、WindowsRTの私はネットカフェのパソコンを使い、動作の試験をやっておく必要があった。

今回はbaserCMS4.0.0が、ロリポップのエコノミープランで動作するのか試してみたい。
2016年10月現在、ロリポップ側で簡単インストールに対応しているのは、3.0.9だ。
ある意味、4.0.0は本来サポートはされてないと見て良いかもしれない。
よってインストール手法は通常の手法となり、Zipファイルを解凍してできる『basercms』フォルダの直下にあるファイル、フォルダはすべてアップロードする。
勿論この時にはFTPソフトが必要だ。
(WindowsRTにはFTPソフトをインストールできないため、この手順はネカフェでやる必要があった・・・)

インストールに関しては、問題なく完遂できる。
問題は通常の動作の方だ。
特にテンプレートだが、baserCMSの公式も言及していた通り、3系までのテンプレートで使えないものが多い。


一部のテンプレ以外でレイアウトが崩れる

動作に関してはどうだったか・・・というと、全く問題が無かった・・・わけではなかった。
一番の問題はテンプレート。ロリポップのエコノミープランの場合、テンプレート名:bc_sampleを除き、デザインが崩れてしまった。
0試験
上の画像の場合、サイト内検索をする枠が、右にズレてしまっている。他のテンプレートでも概ね似たような状態になり、一つのテンプレートを除き、エコノミープランでの運用はまだ厳しいかもしれない。
テンプレート名:bc_sampleを選択し直すと、このエラーは無くなるので、現状はデフォルトのデータを使った方が良い状態だ。


BaserCMS4 デフォテンプレート
これがデフォルトテンプレートで動かした結果だ。
このテンプレートだけ問題なく動かせる。
個性を出すためには、細かいところをCSSで変えていく必要がありそうだ。
あまりCSSが得意でないなら、テーマがもう少し増えるまで、4系の導入は待った方が良いかもしれない。
(私もあまりCSSは得意ではないけれど・・・)
運用として、このテンプレートがドロップダウンメニューの自動生成をできるテンプレートなため、コレを改変して使っていきたいと思う。
いざ触ってみて、3系統と比べ、コンテンツ管理は非常にやりやすくなったことは間違いない。
4系統のbaserは上手に運用すれば、WEB制作は非常に効率化されることは、間違いない。