ブログネタ
IT一般 に参加中!

baser4.0.0はサイトの設計図を立てやすい

baserCMS4.0.0を既に新規サイトで導入しているが、4系統になってからというもの、サイトの設計図を作りやすくなった。
サイト制作は軌道に乗せるまでが大変で、設計図をうまく構築できないと、軌道に乗る前に投げ出したくなることが多い。

サイト設計図の構築の難しさは、手打ちだろうがホームページV3だろうが、CMSでさえ変わらない。
どのようなナビゲーションを用意し、どうドロップダウンで紐づけるのか。
それが見えないままに記事だけ書き始めると、あとでリンク付けが面倒になってしまうことが、よくよくある。
CMSの場合、書いた記事に番号が払い出されることがあるのだが、動的サイトの場合、カテゴリ内リンクやどっぷダウンが書いた順番に並ぶこともあるため、設計変更が面倒であったりするのだ。

この点でbaserCMS4.0.0からは、割と設計変更も容易であり、サイトの制作スピードもだいぶ上がってくる。



ロリポップではかんたんインストールに対応する

流石はbaserCMSのオフィシャルパートナーだけあり、比較的対応は早いロリポップ。
ロリポップサーバーではとうとう、baserCMSのかんたんインストールに対応するようになった。
私は面倒な手順で手動アップロードしているが、かんたんインストールは「ポチっとな!」ですぐにインストールが完結する。
baserCMSはMySQLを使わないため、エコノミープランでも運用ができる。
データベースとして使われるSQLiteはアプリ組み込み型なので、baserCMSに入っている。
現に私はエコノミープランでbaserCMSを2つ運用しているので、サーバー費用を抑えたい人にも良いCMSだ。

baserCMS4.0.0では、コンテンツ管理に強くなったことがアピールされている。
「じゃあコンテンツ管理が強くなって何が変わるの?」
と聞かれると、それはサイトの設計図を組みやすくなったことだ。
サイトは設計図をうまく作れなくて挫折してしまうことはあるまいか?
ある程度自由が利くブログとはことなり、サイトは設計図を組み立てないと、ごちゃごちゃとしたサイトになってしまう。
そうしたごちゃごちゃ感を払拭し、綺麗な法人サイトを作る為の設計図を組みやすくなった。それがbaserCMS4.0.0の良いところだ。
ロリポップは4.0.0のかんたんインストールに対応したので、一度、baserCMS4系でのHP作成をされてはいかがだろう。