ブログネタ
UQ WiMAXについて に参加中!

NAD11への乗り換えをしてから早1年半。残りの契約期間が約半年強となり、ようやく契約期間は残り半年。
旧WiMAXは1年縛りだったが、改めて2年縛りの長さを痛感している。
と言っても、GMOのWiMAXは元々が2年縛りだった。
当初の契約はmobile slimで、途中解約した場合の解約金が4万円という素晴らしいもの。解約金4万円を覚悟で貰った2台のNexus7だが、2012年Nexusはクラッシュが早かった

IMG_7410


そこで実質解約金を安くあげる方法がWiMAX2乗り換えキャンペーンだ。
これなら解約金を安くすることができる。WiMAX2+へ乗り換えたこと、それ自体に関しては、正解だったと言えるだろう。


バッテリーの駆動時間は半減

いざ2年目を迎えてみると、なかなか苦しいものを感じている。
旧WiMAX時代、デバイスプラスを使っていた私だが、WiMAX2+ではデバイスプラスができなくなった。
その代わりと言ってはなんだが、端末のバッテリーは外付けの機種が基本になり、バッテリーさえ買えば、まあ2年目は心配が少なく済むだろう。

だが、予備バッテリーが無い場合、駆動時間の減ったバッテリーで戦うことが、かなり苦しい。
今、NAD11のバッテリーは連続使用4時間程度しか持たない。
しかもWiMAX2+端末はあまり中古市場で見かけないため、予備機を買っておくという方法が無いわけだ。
こうなると、早く回線を乗り換えたくなるのだが、2年目の解約金は14,000円。まだ、まだ何とか持ちこたえたい。
2年目を上手く乗り越えるには、バッテリーチャージャーを持っていたほうが良さそうだ。