ブログネタ
フリーターの本音 に参加中!

無くならぬサビ残

「GDPは下がっているけど、実経済は変わらず好調だよ。」
こんな大本営報道があったことはつい最近のように思うが、発表されているGDPには、サービス残業の分は考慮されていないから、実態はもっと酷い有様なのだろうなと考える。

客先へ行けば、今日も皆々サービス残業。先にタイムカードを切って、労働時間を改ざんする社員たち。
こんな環境を見て思う。
なぜサビ残が無くならないのか。

「こんなにサビ残して、愛社精神ありますね~」なんて言ってみる。
「俺は会社なんて嫌いだ!」と意外な反応が返ってくる。
会社が嫌いなのに、サービス残業をしている。これはどこかオカシイ。なら、愛社精神もないのに、なぜ残業するのだろうか。


自分の仕事に対する自身の無さ

私は「企業がブラック化するのは会社が悪いとは限らない」という記事を書いている。
ブラック企業がブラック化する原因として、従業員起因のブラック化が大いにあるのだ。

サービス残業をする人々を見ていると、最初からあきらめモードに入っている人が多い。
あまりに割り振られる業務量が多いなら致し方ないが、残業代はキチンと請求するべきであろう。
ところが、適正な労働時間を申告すると、上司に怒られるため、労働時間の改ざんに走る。

今度はサービス残業が前提の働き方になるため、定時時間内のパフォーマンスが落ちるという、悪循環に突入する。
怒られたくないから残業するというのは、得てして『自分の仕事に自信がない』というように見えるのだ。
私自身、過去に行ったサービス残業を振り返ると、自分の仕事に対する自信の無さがあった。しかし、困ったことに「サビ残で苦労してる俺、チョー偉い!」などと言う下らぬ幻想に陥ってしまう。サビ残で苦労している自分に酔いたいのだ。
これは行き過ぎると、今度は「アンタも私と一緒のところまで堕ちなさいよ!」となり、会社がブラック化してしまうのだ。


それでも適正な残業時間申告を

上司や取引先が、明らかに自分のキャパシティーを超えた業務を振ってくることはある。そうして残業時間が膨大になることは、仕方がないことだ。
そこで適正な労働時間を申告して、怒られることもあるかも知れない。
しかし、だからこそ労働時間は適正な報告が必要だ。そこで面談になれば、業務のシェア化や、人員の増強と言った提案もできるのではないか(勿論残業理由の自己分析は必要だ)。

いくら会社に文句を言っても、サービス残業をすれば、それは企業のブラック化に加担しているということでもある。働きづらい職場を自分達で作っているのだ。
まずは自分の残業理由を分析し、適正な残業時間を報告しよう。上司が面談に呼んで来たら、残業削減に向けて上司に対応して欲しいことを提案しよう。
そうしなければ、働きやすい職場など作れはしないであろうから。