ブログネタ
だめなテーマ に参加中!

設定甘めの甘言に釣られた俺氏・・・

クレーンゲームには時折、欲しい景品はつきものである。
最近のブームはラブライブなのだろうか。どこのセンターに行っても視界に入らぬことはない。
天々座理世のファンである私は、そのクレーンゲームに挑戦し、惨敗を喫した。
まず腕を上げないとダメなのであろう。
そこで近くのゲーセンに立ち寄り、設定甘めと書いてあるクレーンに目が留まる。
設置されていたのは駆逐艦・吹雪。
艦これでは吹雪が一番、川内二番と考える私にとって、吹雪なら持ち帰っても良いだろう。
そう思い、練習を兼ねて吹雪を釣ってみることにする。しかし・・・。



私の徹底したご都合主義が生んだ惨劇

いざクレーンをやってみると、ああも思い通りにならぬものだとは。
挑戦前に名人の技を勉強した。
しかし、まったく思い通りにいかなかった。
クレーンは真ん中がしっかり閉じているタイプだったから、まぁイケると思っていたのだ。
それが甘かった!
持ち上がらない。全然持ち上がらないのだ。
いや、ちょっとだけ持ち上がりはするのだが、直ぐに抜ける。
持ち上げながら位置をずらして落とすのだとは理解した。

で、イメージとして、ココから持ち上げれば落ちるんじゃないかなぁ、というのはイメージはするのだが、そのイメージは全て私のご都合主義による、妄想に過ぎなかった。
プライズフィギュア 吹雪
ゲットはした。
ゲットしたのは良かった。
だが何か悲しい。

初めてクレーンゲームで景品を獲得したというのに、何か嬉しくないのだ。
このために負けた費用1,800円。
最後は500円投入して6回プレイになっていたので、余った分は返金・・・とはならず、別の景品に挑んで下さいと言われることになる。
「あの金髪の子行きます?」
と夕立を薦められ、セットされたのは良いものの、惜しいところで獲得ならず。
尤も、ポイポイはそんなに思い入れのある艦娘ではないから、諦めた。
そうすると、実質は吹雪に2,200円使ったことになる。設定甘めのクレーンで。

このクレーンゲームで学んだことが2つある。
1つは自分で景品を取ろうなどと考えてはいけないということ。
だってそうだろうか。
この吹雪、ネットで買ったら1,000円で買うこともできるのである。



2つめが、計算しているようで、所詮私自身のご都合主義で落ちる角度を妄想しているだけであったことだ。
そう思うと、吹雪に2,200円がなんだか泣けてくる。

吹雪のフィギュアが重い・・・。
これはフィギュアの自重なのか、2,200円の重みなのか。
2,200円は、稼ぐのに2時間かかるが、失うのは一瞬である。
この事態、重く受け止め、私は猛省すべきである。
持ち帰る吹雪のフィギュア。
デカくて飾るところがない吹雪は再び箱に入り、しかめっ面で眠っている・・・。