ブログネタ
IT一般 に参加中!

今日から暫くJoomla!の使い方について叩き込んでおこう。

最近やっと普通に使えるようになったとは言え、Joomla!は本っ当に難い!

その操作に慣れるまで、何度睡魔に襲われるか分かったもんじゃない。

Joomla!を運用していてハッキリと解るのが、初めてホームページを作る人が絶対に触れてはいけないCMS。それがJoomlaだ。

それではツールの学習を開始して行こうか。

学習のサンプルとして、私のサンプルサイトを例に実施していこう。リンクは別タブで開くので、この記事と見比べながらご閲覧いただきたい。



メニュー・カテゴリ・記事の三角関係を理解する

Joomlaで躓くのが以外にもココだ。

本ツールを運用していくためには、メニュー/カテゴリ/記事の3者の関係をしっかりと把握することから始めるのだが、カテゴリ編集画面と記事 編集画面が 殆ど同じで、かなり眠くなる。

まずJoomlaでは、最初に登録するのは『カテゴリー』だ。

カテゴリーをメニューに紐づけ、カテゴリーの下に子カテゴリー記事を紐づける。


ではここで、メニューの『路線別ルート』を押下してみよう。
Joomla!実験用

これが実験用サイトのトップページだ。
取り敢えずこの記事内では、あまり細かいことは覚えなくても良い。
トップページを貼ったものの、実際のホームページ作成では、トップページから着手すると挫折する。

ここで抑えて欲しいのは、青枠の部分だ。

この青枠の部分こそJoomla!で『メニュー』と呼ばれる部分になる。

上記のホームページはデフォルトのテンプレートから変えていないため、テンプレートによってはメニューの姿は変わっている。


Jooma!実験用

移動後に出る画面。

水色の部分は、カテゴリ直下に 生成された記事ページ だ。そして『サブカテゴリ』と記載された部分が子カテゴリへのページとなる。
Joomlaは階層表現に強いCMSで、親から子カテゴリへのページのリンクは容易だ。

更にパン屑リストも無条件でついているため、子から親カテゴリへの回帰も可能だ。
尚、私のJoomla!はテスト記事ページを残してしまっているが、これから本CMSを使う方は、全てのページを真っ新な状態で使った方が、解りやすいと思う。


一先ず今回は概要だけに留めておくが、繰り返し言うと、Joomla!は初めてのホームページ制作には絶対に触れてはいけない。

次記事以降で操作面に触れていくが、いざ自分で操作しだすと、かなり眠くなるはずだ。それくらい、Joomla!は難しい。

初めてのホームページで考えるなら、ホームページV3やライブドアブログの法人用テンプレートで色んなことを勉強してから、Joomla!に臨んだ方が良いだろう。

⇒次記事:カテゴリ登録を行う