ブログネタ
プレイ日記 に参加中!
アイマスPと言いラブライバーと言い、(ゲームの中で)実は犯罪を犯しているのではなかろうか。
先日ラブライ部に退部届を出した直後、私は気付いてはいけない現実を呟いてしまった気がした。

犯罪ではないがグレーな勧誘(スカウト)・・・

アイドルゲームで行われることに、法律を当てはめたら、色々とマズいことになりそうだ。
デレステにおける現実を直視したくないので、ここはラブライバーに怒られる覚悟でラブライブを取り上げたい。
IMG_9285
こんな笑顔のアイドルの学校にも深い闇がある?
ラブライブ:オープニング画面より
まず、ラブライブはアイドル、及び練習相手の確保を目的として『勧誘』という行為が行われる。
これはモバゲー版のシンデレラガールズでは『スカウト』になるのだが、当然、両者とも『アイドルになると言う夢』を見させる必要があるわけだ。
どう口説いてるのかはわからないが、最終的には「お前ならできる!」と言って引き入れるのだろう。いや、もしかしたら催眠術を使っているかもしれない。
ところが・・・だ。
ラブライブで勧誘に対し、不穏な発言があったことは前著の通りだ。
「この辺アイドル部なんてある高校ないし、練習相手見つけるためには余所いかないといけないのかなぁ・・・」
「大丈夫! 勧誘すれば良いんだよ!!!」
「大丈夫! 勧誘すれば良いんだよ!!!」
「大丈夫! 勧誘すれば良いんだよ!!!」

当然ここに問題が残る。
本来、勧誘は「アイドルにしてあげる」という条件で勧誘をするはずで、まさか名前も知らない女生徒のために、練習台になってあげますなんて、そんな優しい生徒など殆どおるまい。
しかし、実際にはアイドルにしてあげる気が毛頭ないわけだから、詐欺罪が成立するのではないかと考えた。

刑法246条にはこのようにある。
1、人を欺いて財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する。
2、前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする

アイドルの場合、提供するのは役務なので、詐欺罪は成立しなそうだ。

消えたアイドル候補生どこいった?!

勧誘以上にダークなのはレッスンだ。
アイドルマスターもラブライブも、レッスンの相手をさせられた候補生(orアイドル)はいなくなる。
さて、ラブライブで「勧誘しちゃえ!」と言った女生徒は、相手をさせられた女生徒がいなくなることを知っている。
いったい何処へ消えたのか。
もう一つ言えば、レッスンに関する具体的な描写がゲーム中には・・・ない!

例えば単純に退部届を出したというならば、恐らく被害を受けた女生徒達は校長へ通報し、部は訓戒や諭旨廃部などと言った実力行使に出るだろう。
だが、この沼津の高校では、それが野放しにされている。よって、教員がグルでない限り学内で無事でいる可能性は薄い
では消えた女生徒はどこへいったのだろうか。
(1)三途の川
(2)地球の何処か
(3)監禁
(4)洗脳されて記憶を阿鼻谷空間へ転送された
(1)~(3)は学校もグルでない限り実現できないので、現実的なのは(4)だ。
ところで催眠術かけることに関しては違法ではないらしい。ならばこんなブラック・クラブに入ったことを全て忘れ、健全な余生を過ごして欲しいものだ。
しかし、沼津のこの高校、闇が深すぎないか・・・。
よくよく検証してみると、違法ではないが、ブラック。ブラック・ハイスクールだ。
ブラック企業の手口として、違法なことはしていないケースが多いので、やはりラブライ部はブラック企業と良く似ている。

尚、アイドルマスター・シンデレラガールズではアイドルを移籍させてマニーを得ることができるが、これは刑法226条の2、人身売買罪の要件に抵触しているため、346プロのコンプライアンスは疑わねばならない