ブログネタ
フリーターの本音 に参加中!

雇用は減りますがよろしいですか?

残業しないと生活できないなんてバカな!?」という記事を昨年12月に書いているが、その少し前から、最低時給1,500円という声を聴くようになった。今でもTwitterには、最低時給1,500円を訴える人は少なくない。
最低時給1,500円。何の弊害もなく叶うことなら、叶ってほしい水準だ。時給1,500円なら、ほとんどの人が、今よりは豊かな生活ができるだろう。そう、何も弊害はない前提なら

しかし、何の弊害もなくイケるほど企業側のご事情も甘くはない。
最低時給1,500円の世界と言うのは間違いなく、雇用が減る!
例えば昨今、残業を減らせと企業側もうるさく言うようになっただろう。「残業しないと生活が・・・」という人には納得がいかないだろうが、皮肉にも残業を減らすことで全体の雇用を守っているという側面もある。賃上げについてもまた然り。賃上げを抑えることで全体の雇用が守られている側面が、どうしてもあるのだ。
それが最低時給1,500円の世界になると、何が起こるのか。まず雇用が減るということは、想像に難くないのではないかと思う。



IT関連は地獄を見る
パ、パソコン画面が!!?

最低時給1,500円の世界では、IT業界はどう変わるだろうか。
有体に言えば、偽装請負がはびこる世界。名ばかりフリーランサーが連日のサビ残に悩まされ、派遣会社が利益を掠め取る。そんな世界を想像してしまった。
一応、コールセンターで偽装請負労働を経験してしまった愚生としては、IT関連の仕事が間違いなく地獄に陥ると思う。
もしかしたら、これまでクラウドソーシング(要は在宅ワーク)に消極的だった企業も、もしかすると積極的になるかもしれない。なんと言っても在宅ワークの殆どは完全出来高制(フルコミッション型)の仕事形態だからだ。
クラウドソーシングで仕事を請けたことがあればわかると思うが、単価が非常に安い。

一方、時給1,500円の世界では、スーパーで働くパートさんの時給も1,500円以上なので、物価は上がってしまう。
偽装請負やクラウドソーシングによって、IT業界従事者の実質的な収入は目減りし、生活は困窮してしまうだろう。



フルタイマーの負担アーップ!

最後にもう一つ、時給1,500円の世界では、フルタイマーの業務負担も増えると考えている。
パート労働者を最初から使っていない企業なら話は別だが、企業は人件費削減のため、安い時給でパート労働者をある程度の割合で入れるようにしている。
一方、パート労働者は第3号被保険者として、夫の扶養に入れる範囲内での収入と労働を希望するケースが多い。ある意味、会社とパートタイマーには、独特の共依存関係があるわけだ。
最低時給1,500円世界ではこのバランスが崩壊するため、パートタイマーの労働時間が減り、そのツケはフルタイマーが背負う。要は、残業時間が増えるということだ。
果たしてこれが良いことなのかどうか。私には疑問ばかりが残る。
最低時給1,500円の世界。少なくともITという業界に関して言えば、時給1,500円の恩恵は殆ど受けることは無いように思う。
製造業も同様だ。日本の人件費が高騰すれば、企業の海外逃亡も起こり得る。いくら中国の人件費が上がってると言っても、まだまだ東南アジアという選択が残されている。
最低時給1,500円。果たしてこれは誰得な世界なのか。愚生にはそれがまったくもって、わかりそうにない。