ブログネタ
だめなテーマ に参加中!

Windows10へ変更したがらない人達

マイクロソフトのサポートポリシー変更はよもや、大っ顰蹙の嵐だ。
ネット掲示板ではマイクロソフトへの怒りの声も多くあがっている。
企業側の導入は比較的順調に進んでいるようだが、懸念を示す企業も当然、多い。

もともと、日本ではWindows7すら、積極的な移行は進まなかった。
今日Windows7を使っている企業さえ、XPのサポートが終了したから、仕方なく7にしたという企業がかなりある。


クライアント依存型とサーバー依存型

Windows10のレビューを見てみると、どちらかと言えば「良かったよ!」というレビューを多く見かけた。
私自身もWindows10は良いOSだと思っており、使い心地の良さは7や8.1のそれより、断然良いと思っている。
ただ、これはマイクロソフトアカウントとの連携性であったり、アプリはサーバー依存型の方式を取っているから言えるのかも知れない。

少なくとも今、7を使っているユーザーの多くは、クライアント依存型ではなかろうか。
普通、自分の欲しいアプリは自分のパソコン(クライアントPC)にインストールして、運用をしているだろう。
市販ソフトの場合、OSが変わったとたん使えなくなる恐れがあるわけで、ユーザーとして避けたいことだ。
そこに対し、マイクロソフトから「もう此方で10にさせていただきますんで!」となると、不満が爆発するのも無理はない。
渋谷凛とVaioDuo11
マイクロソフトアカウントによって、別のパソコンで設定した壁紙が反映(同期)されている。

恐らく、今の段階でWindows10を絶賛している人は、ややサーバー依存か、ないしクライアントとサーバー、バランスよく依存しているタイプではないかと考えている。
やはりアプリケーションではどうしても、クライアントで動かすアプリがあるわけで、そんなアプリをどこから買うのか。新OSへの対応が早い企業から買っているのだろうと思う。
ホームページ作成などは今や、サーバーでできる作業のため、サーバーでできる作業はサーバーでやる人は、今から10を使っても快適なのだろう。

確かに使い勝手は良いWindows10。
だが、なぜ10が各方面で叩かれるのかと言えば、やはりWindowsXPの世界観が抜けきっていないことも拭えない。
7に切り替えたのさえ、XPのサポート終了に伴って、仕方なく7に替えた。
それが何だって、ここで急に10にしろと言われても、思考が追いついていかないのだ。
クライアント依存型から脱却していくには、まだまだ時間は掛かるわけで、ある程度クライアント/サーバーバランス型へシフトさせていく提案がなければ、10への移行にはまだまだ時間が掛かるかもしれない。