ブログネタ
UQ WiMAXについて に参加中!

業界の体質が悪いのは確かなんだが・・・

ここのところ騒がしいUQ WiMAX。
最近、Twitterで有名なwimaxuser氏が、刑事告訴も検討したようだ。

私は法律の専門家ではないので、立件ができるかどうかわかりかねるのだが、まぁ難しいんでないかと思うものはある。

かつてのコールセンターの先輩ともたまにFacebookで交流させてもらっている。
「あの広告は確かに誇大広告と思われてもしょうがないわなぁ。」
うつ病が原因でサポセンを辞めてしまった先輩だが、かつて業界の人間だった目線から見てもやり過ぎ感はあったのだから、やり過ぎな広告ではあったのだろう。

インターネット回線業界の体質が悪いのは私もよく存じている。
とりわけ販売現場の惨状はひどく、お客を欺くことも少なくない。
そういった業界体質の改善に向けて、wimaxuser氏の行動は凄いものがある。そこは率直に敬意を表したい。

しかし、流石に刑事告訴となると、ねぇ?

その解約は本当に必要なの?

確かに業界の体質は酷いものがあるのだが、かと言って、WiMAXというサービス自体はまだ良いものだとは思っている。
流石にノーリミットモードの廃止までしたらWiMAXはオワコンだが、MAX13.3Mbpsとは言え、ノーリミットモードという保険は残っていることは着目するべきだろう。
現にNAD11で普段ノーリミットモードを使っているが、格段不満を感じるものではない。
(私がWiMAX2+を使っているのはほぼ実測調査の時だけだ。)
下り13.3Mbpsですら、無制限を保証している事業者は他にあるのかというと・・・、モバイルでは存在しない。
そこは着目すべきだと思う。


上下のツイートをみて思うのが、本当に解約する必要のない人まで解約してしまっているのは、確かに本末店頭だ。


例えば自宅でしかインターネットをしない人がWiMAXを解約して、光やケーブルテレビに乗り換えたのなら、それは正しい。自宅でしかネットをしないなら固定回線こそ申し込むべきサービスだ。
しかし、外でも使う人ならいかがだろうか。
W01で契約してしまったというなら致し方ないのだが、それ以外の端末で契約して、本当に必要でもない解約をするのは勿体ないことだと思う。
確かにWiMAX2+自体には制限があるが、元祖WiMAXには制限がないのであって、一応今のところ、完全無制限で使えるモバイルとしてはそこまで悪い回線でもないのだ。まだ。
自宅でしかネットしない人や、W01で契約してしまった人はいざ知らず、そうでもない人は本当に解約が必要なのかは一度、冷静に考えていただきたい。