ブログネタ
なんでもない日記・Ⅱ に参加中!

そもそもキュウべぇのミッションは何か

有り体にして言えばキュウべぇはサラリーマンのようなものであり、当然、彼らにはミッションがある。
彼らのミッションは宇宙を守ること。そのために人間の感情エネルギーが必要だったのであり、手段として魔法少女を魔女にさせることが、最も効率の良かったことなのだ。

魔法少女というパッケージはその質から言って、善良な営業方法で売ることは不可能だ。恐らく善良な人がアレを売れと言われたら、1ヶ月以内に辞表を出す。
だってそうだろうか。魔法少女から魔女になったとたん、理性はぶっ飛んでしまうのだから。
しかし、誰かがやらなければ宇宙を守れないのであり、キュウべぇはミッションを達成するために最善の行動をした。
そういったミッションを考えずにキュウべぇを見ると、本当にあくどいセールスマンにしか見えない。

現実世界でキュウべぇ以上にあくどいセールスマンは、たくさんいる。
だが、どんなにあくどいセールスマンにもミッションがある
それは会社の営業目標達成かもしれないし、或いは家族を食わせることかもしれない。
自分の家族を食わすための最善の手段が「他人に家を売ること」だとしたら、どんなトークをしてでも売るだろう。

企業は売れるようにするには、顧客の立場に立って考えることが求められる。
消費者は騙されないようにするにはどうしたら良いかというと、結局のところ、営業マンの立場に立って考えるのが、騙されないための秘訣なのだと思う。

どんな悪徳営業にもミッションはある。
では相手のミッションは何か。相手はそのミッションを達成できないことで何が起こるのか。
そうした営業マンの立場に立って契約をできるようになれば、少なくとも大きな失敗はしないで済むだろう。






[関連記事]
  • まどマギを見れば『契約』がわかる誰しもが美樹さやかになり得る