ブログネタ
だめなテーマ に参加中!

先月からダイレクトビルダーというツールを使い、独自ドメインでのサイト運用を開始した。
6/23から制作を開始したサイトなのに、運用開始から検索からの流入が0のまま。
独自ドメインで検索エンジン上位に立つには気長に待つ必要があるのは重々承知の上だったが、しかし検索0のままでは危機感を持たざるを得ない。

一般的にサイトやブログの運用で独自ドメインでの運用を薦める記事は多い。
確かに独自ドメインなら有事の際(レンタルサーバーのサービス終了など)に備えることができ、そうした点では独自ドメインは推奨すべきドメインだ。
しかしあることに気づかないでいると、序盤に落とし穴に嵌ってしまい、抜け出せなくなる恐れがある。

独自ドメインの落とし穴は何か。
それは同じ記事が2つのURLで同時に投稿されてしまうことだ。
これ、非常に良くない。限りなくマズい
同じ記事が2つのURLで同時に上がるということは、第三者的に見れば「どちらかがパクリである状態」に見え、とどの恐らく、検索エンジンもそう判断している。
結果として、せっかくとった独自ドメインがペナルティーを受け、永遠に検索上位に立てない危険性がある。これでは何のために独自ドメインを取ったのかわからない。

私はロリポップのサーバーを使っている。
weblik.jpというロリポップアカウントのURLもあるし、独自ドメインでもサイトを表示できるようになっている状態だ。
何の対処もしなければ、検索エンジンが『独自ドメイン側をパクリサイトだと判断する』危険性がある。
そんな状態を一か月も放置してしまったのだ。
まったく我ながら抜かっていたと思う。