ブログネタ
ノートパソコンっ! に参加中!
今やレンタルサーバーはWordPressが使えて当たり前になった。
ロリポップのようなメジャーなサーバーでも、それこそマイナーな会社のサーバーでも、ほとんどのサーバーでWordPressをインストールできる。
初めてレンタルサーバーを使ったときはホームページV3(ソースネクスト社提供)を使っていたのだが、ある意味では正解で、別の意味では失敗だったね。

まず良かった面について。
これはもう初歩的なHTMLを学習できることに尽きる。
いや、学習できると言っても当然、ソースネクストさんが教えてくれるわけじゃあない。
通常モードとHTMLモードを切り替えながら、HTMLの法則を独学していくのだ。
例えCMSでホームページ運営する上でも、多少のHTMLはできた方が良い。
そういった意味で、HTMLを習得できたのは良いことなのではないかと思う。


失敗だったこと

これはホームページV3に限ったことではないが、パソコンにインストールするタイプのソフトを使う人は、付きまとうリスクとして考えた方が良い。
ソフトに頼り過ぎると、パソコンが壊れた時に色々と面倒なのだ。特に移行手続きが。
この点、作成ソフトに頼るという選択自体は失敗だった。
ホームページV3の次はパーフェクトトレジャーというソフトを使ったが、ある意味でホームページV3以上に失敗。2万円を無駄にしてしまった。
私はロリポップでは当初、250円/月のプラン(現ライトプラン)で使用していた。
その当時、WordPressなるものを知っていれば、多分作成ソフトを使っていなかったと思う。

クライアントPCにインストールするタイプの作成ソフトは、バックアップを取っていないと本当に面倒で、別パソコンでは大切なデータが消えた状態からスタートする。
その面倒さ加減は、語るまでもないだろう。

ある意味で失敗でも・・・

ある意味では失敗だったホームページV3だが、別の側面で見れば、成功であった点はちゃんとある。
今はHTML編集でサイトを作っているが、HTMLをできるようになったことで、WEB制作の幅が広がったことは事実だ。

今、英国のサイトからダウンロードしたテンプレートを使っているが、そうしたテンプレートでホームページを作るにはHTMLの知識が不可欠になる。
CSS Templateのサイト
英国サイトのCSS3 Template。
ナビゲーションはなかなか見た目良いデザインになっており、かなり気に入っている。


ホームページV3でHTMLを勉強したことで、こうしたよりデザインの良いテンプレートを使ってホームページを自作できるようになる。
初めてのホームページ、ホームページV3で経験を積むのも良いものだ。