ブログネタ
Android に参加中!

元値の半額で購入

昨年に発売された進撃の巨人タブレットが、楽天で手に入るようになっていた。
発売当初は3万円以上する高額品であったが、今や16,000円程度で手に入るようになっている。
予約開始当初はメーカーもカメラの画素数もわからぬ状態だったが、今となってはわかるようになった。

メーカーはやはりRWC。Androidは4.4.2で、カメラの画素数は200漫画素だ。
少なくともカメラに関しては、満足できるレベルではない。200万画素では、せいぜい何かのエビデンス程度にしか使えないレベルだろう。
この辺の性能を鑑みると、15,000円程度が妥当なのかも知れない。
進撃の巨人タブレット
個人的に背面は好みのデザイン。
スベスベとした手触りもなかなか良い。




GooglePlay非対応

さて、この端末には一つ、大きな問題があった。
GooglePlayに対応していない。
つまり、今まで使っていたアプリを下すには、違ったアプローチが必要ということであった。
パソコンを使ってGooglePlay非対応タブレットでアプリを下す方法は、幾つか紹介されている。
しかし、私のパソコンはWindowsRT。通常のアプローチは取れない。これはマズイ。
だからと言って、諦めきれる私でもない。
今朝、Tegra note7と進撃タブを持ち出し、アプリの移行を試す。
移行したいアプリはせいぜい4つだ。その4つさえプレイできるようになれば、それでいい。
そのやり方はどうすれば良いのか。
それは前の端末からUSBで持ってくることだった。
進撃の巨人タブレット⑵
旧端末から移行させたNoesis。通常のやり方ではインストールができない。
一つ言えるのは、アプリ内課金型はキチンと移行できない可能性がある
アプリのダウンロードに成功しても、追加で必要なデータをダウンロードするのにGooglePlayに接続している場合、結局ダウンロードできないことに、変わりがないのだ。
この点で、完全に売り切り型のアプリにしかできない手段だが、一応、それで起動は成功させることができた。
まぁ、楽曲を気に入ってインストールしたこのアプリ。コレだけ動いてくれれば最悪、充分だ。
取り敢えずしばらくの間、進撃の巨人タブレットを使っていこう。