ブログネタ
フリーターの本音 に参加中!
今日から再び青山へ出張へ行くことになった私。
表参道で7時に降りるとどうしても、やっているカフェが限られ、ついモスカフェばかり選んでしまう。
朝7時の段階で選べるカフェは川崎の方が多く、青山、表参道での朝の過ごし方がワンパターン化してしまう。

青山と川崎を比較して思うのが、川崎のビジネスマンの朝が早いことだ。
一応、私の職場の最寄り駅は7時開店のカフェが4店舗、6時半開店のカフェは1店舗ある。マクドも含めると6店舗も選べるのだが、いずれのカフェにおいても7時台の段階で禁煙席の50%前後は埋まってしまう。
対して表参道ではカフェは駅ナカに1店舗と、大通りにモスカフェの系2店舗。
少なくともモスカフェに至っては、8時台でも禁煙席の60%以上が空いている。
Becker'sのメイプルフレンチプレート


これはメニューの価格、青山と川崎の電車の下車人数も関係しているはずだが、朝7時台でのカフェの着席率だけみると、川崎のビジネスマンの朝早さ加減を感じ取る。
朝6時55分、開店5分前から並びこむBecker's。その他のカフェも、7時半までには着席率50%を超える。



表参道のモスカフェ

表参道のモスカフェは開店時間が今より30分遅い、7時からの営業になる。
しかし、殆ど今までと変わらないだろう。
表参道のモスカフェは8時でも着席率50%に達しないのだから。

川崎のビジネスマンは朝が早い。
いったい何がそこまで早い朝にさせるのかはわからないが、ただひとつ、川崎へ通うビジネスマンはエラい早起きだ。




 Becker's関連の記事
1:メイプルフレンチプレート
2:ザ★ロックマウンテンチーズバーガー
3:ザ★プロシュートマスカルポーネバーガー
4:サルサビカンテチーズバーガー
5:てりやきハンバーガープレート
6:牛ダレバーガープレート