ブログネタ
ファーストフード に参加中!
本当はもっと寝ていたかった。
なのに6時に目覚めてしまう。
やることが思いつかないため、駅メモサイトの更新ついでに出かけるとするか。
そうして選定したルートは新百合ヶ丘を起点とし、何故かつくしの駅を通り、柿生でゴールするルートだ。

今回のルートには駒澤大学駅と用賀駅が入っていたため、多分地下駅はポシャるだろうと思ったのだが、ストレートでイケてしまった。
そこで、つくし野駅近辺で朝食を食べることにした。
つくし野駅の近辺には、マツコの知らない世界で紹介された店があるらしい。
ブーランジェリー・ニコ。
横浜市とは思えないほど田舎風な場所にあるその店舗は、朝は8時からやっているらしい。

モーニングに期待してみたものの、なんと終了していた・・・。
かと言って入った手前、簡単には出づらい。
ということで一般メニューを頼むことにした。
nikoのパン

注文したのはロースカツコッペと揚げパン。
後々になってわかったのは、この店で話題になっていたのはカレーパンであった。そこは失敗した。
まぁそれでも、パンはそれなりに美味かったと思う。
ロースカツコッペはモチモチとした食感が良かったし、カツのサクサク感も良いものを感じる。
が、あくまでも話題になっていたのはカレーパン。チョイスは失敗なんである。

私の浅い経験で行くと、田園都市線沿いでの食事はFUNGO(三軒茶屋)と、小川珈琲の方が美味い。
ただ、あちらは価格が高いから、その半額以下で楽しむならnikoの方が良いと思う。
それにしても店舗の外観は独特であった。
外から見ると、どうも蕎麦屋にしか見えない。だがパン屋なのだ。
あの店舗デザインに関しては、パン屋と思えぬ斬新なデザインであった。