ブログネタ
なんでもない日記・Ⅱ に参加中!
恐らく土御門や海原のような人を世間では『要領の良い人』と言うのだろう。この2人と言い結標と言い、直情的な一方通行は別として、『グループ』のメンバーは頭の切れるメンバーが揃っている。
まず結標淡希。彼女は土壇場に弱く見えて、結構強い。咄嗟の頭の回転が速い人と言って良い。
作中に於ける結標の戦果を見ればわかる。
まず一戦目、残骸編。果たして結標を決定的に追い詰めるのにどれだけの戦力が必要だったか見てみよう。
まず手始めに御坂美琴。一対一で戦った場合、明らかに御坂の方が実力が上なのだが、結標はなんと御坂を撒いてしまった。
テレポートした先に白井が居たものの、こちらも勝利。白井は重症を負う。
そんな白井を助けるために上条が出撃する必要が出てしまうも、結標は既に居ない。警備員も動いたとは言え、結標に決定打を与えるには一方通行の出撃が必要だったほどに、結標はドテラい逃走劇をやってのけたのだ。
続く駒場利徳戦もそう。駒場に勝てなかった結標は咄嗟に隠れ、(かつて自分をのした)一方通行のサポートに回れる切替の早さを発揮している。
加えて土御門も大変頭が良く、上条や神裂を上手く翻弄している。
もし一方通行以外の『グループ』の面々が会社員だったらどんな会社員ライフを過ごすのか考察してみたい。


結標1人に決定打を与える為に必要な戦力は質・量ともに相当な数が注がれている・・・。
また、駒場戦での役割の切替も早い。

土御門や海原のようなタイプは出世の可能性もある
おそらく土御門や海原のようなタイプはポストさえあれば、出世してしまいそうな気がする。
と言うのも、共に対人スキルは極めて高いからだ。
土御門は二重スパイと言う商売が成せる職業病かも知れないが、海原についても上司から警戒されないようにするためのスキルを身に付けている。特に海原は、上条とは言え、初対面の相手に警戒されることなく近づけた対人スキルは本当に凄い。
恐らく新人~中堅どころの土御門はバカさをアピールし、海原は穏やかさをアピールする。成績は敢えて平均よりはちょっと高い、をキープしているだろう。
どんな職場に於いても、上司は自分を蹴落としそうな人は出世させない。推薦をしない。出世を考えるなら上司から警戒されてはならない。
恐らく土御門や海原はまず上司に取り入る手段を見つけ、うまい具合に出世レースへ乗り出してくるだろう。
しかも2人ともバカそう、温厚そうに見えて、他人への挑発の仕方や脅し方、そそのかし方をしっかり心得ていると言うことだ。同僚から見ると、ある意味一番敵に回したくない相手と言って良い。
もう一つ、土御門のスキルとしてはマネジメントスキルがある。
彼は状況によって人を使い、それも適所に送り込むスキルを持っている。
オリアナ戦では上条に手伝いを依頼し、劇場版では神裂を宇宙に(兵器として)送り込んだ。これから起こりそうな出来事について、誰をどこに送ったら良いのか心得ているのだ。


『グループ』の先輩3人は皆、頭の回転が速い。海原の頭の良さを思わせるワンシーン


結標淡希は良いリーダーになれる
結標は格別に出世しそうでもないのだが、良い班長、リーダーになれるだろう。
機転は利くし、『グループ』に参加した理由をみても、後輩を見捨てるような女性ではない。
あとは新人時代に必要な『依存スキル』をどうつけるかだ。これについては恐らく小萌先生が鍛えてくれるだろう。
小萌先生に家出少女として保護されるとは言え、小萌先生の部屋はボロい上にワンルーム。しかも風呂なしだ。
恐らく風呂(銭湯)代も小萌先生持ちだろう。実際に小萌先生と一つ屋根の下で暮らしていく内に、新人時代のコミュニケーションの取り方や、人への依存の仕方を学んでいけるはずだ。
もちろん、リーダーになったら人に仕事を依頼することだってあるわけで、依存スキルは会社員としてキチンと持つべきスキルなのである。
実務(戦闘)面に於いて、一度でも御坂・白井ペアを出し抜いた結標は仕事はデキる女性だ。後は小萌先生とのコミュニケーションの中で依存スキルを学べれば、きっと良いリーダーになれる。

 

◆管理人の大変お気に入りなコミック

とある科学の一方通行(01) [ 鎌池和馬 ]

価格:615円
(2015/4/2 09:52時点)
感想(3件)

とある科学の一方通行(02) [ 鎌池和馬 ]

価格:615円
(2015/4/2 09:53時点)
感想(3件)


2巻には佐天さんと初春ヘッドが一瞬だけ登場する。