ブログネタ
学生時代の通学時間はどれくらい? に参加中!
学生時代の通学時間はどれくらい?
と訊かれればそれはもう、小生には「学生時代なんて経験ありません!」である。
何故かって?
最終学歴が高卒だからである。高校生は厳密には『学生』とは言わない。『生徒』である。
『学生』は大学生以上の学校教育を受けている人を指すので、大学生をやっていなければそもそも『学生時代』は無い。
一方的に’先生’や’学校’という存在から洗脳教育を受けていただけの小生は、基本的に直行直帰である。
なぜなら校則で寄り道禁止だからである。
そんな小生の通学時間は30分。手段はチャリキである。今時チャリキなんて言う人がいるだろうか。まぁいないだろう。
そして18歳で就職し、工場通いもチャリ機。佐川急便時代の通勤もチャリキである。寄り道はしない。
何と言っても埼玉県白岡町やら久喜市やらは、寄り道するような場所も無かったので、30分~50分、ただただチャリキを漕いでいたのである。
そんな小生も多摩に引越して驚いたのが、生徒たちの寄り道の多さ。結構マクドに行くと高校生や中学生がたくさん居るではないか。
これが何気にカルチャーショックだったりする。
時にノマドとしての仕事をするときは、電源のあるマクドには良くお世話になる。
そして以前から食べてみたかったファンキーシリーズを食してみることにした。



マクド1マクド2





















個人的にマスタードは無い方が好きだったので、マスタードは抜いてもらった。
チキンを食したらなにやらシールも付いてきた。そしてビーフの方が美味かった。
いつもお世話になる多摩センター駅のマクド、たまには店員さんのおススメ(ようは高いもの)を食べるのも大切なんである。
しかし多摩センター駅のマクド、WiMAXが繋がらない・・・。
WiMAXは繋がらないが、DSをやる生徒たちにとっては溜まり場となっており、日々、寄り道の生徒さんがマクドの店員さんに注意される光景をみる。
チャリキ漕いで30分で直行直帰していた(色んな意味で)小生の貧しい生徒時代と、今やケータイゲームによって文化的な通学を手に入れた今の生徒達。
かたや、今日もWiMAXが繋がらないマクドでパソコン充電しながら、若かりし日々を振り返るのであった・・・。