ブログネタ
Android に参加中!
WiMAX切替のため、So-net WiMAXへ電話してデバイスプラスが可能か問い合わせることにした。
今のWiMAXが来月で年間パスポートの満期になるため、いったんStepの契約に変更して暫くSo-netにしようかと考えたのだ。
ちょうどMeMoPadのプレゼントキャンペーンもやっているし、So-netの基本料金はUQの年間パスポートより安い。今契約中のnojimaWiMAXは解約してしまうと小生は口座振替での支払いを出来なくなってしまうので、出来るだけstepにして解約は避けたいとも考えていた。
ASUSのMeMoPad自体は発売当初からnexus7の陰に隠れていた端末で、リリース当初からそんなに注目されてはいなかったと思うが、逆を言えば注目を浴びなかったからこそ安い。結論から言うと売れ残ったからプレゼントやっているわけで、so-netとしてもキャンペーン解除料(2年以内の解約で年パス解除料とは別に発生)1万円付で捌ければちょうど良かったのだろう。
果たしてMeMoPadを目的とするなら何もそんなにメリットは無いのだが、先日Aterm3800Rをスキューバダイビングさせてしまった小生は新たな端末を欲していた。
Aterm3800Rなのだが、So-netには専用のカラーが2色あって、So-net モバイル WiMAXで契約するメリットというのはある意味でそちらの方が大きい。
で、契約前に気になったのはデバイスプラスが出来るかどうか。これについてはSo-netのサイトを幾ら見ても見つからなかったので、仕方なく電話することにした。仕事でWiMAX端末を使い分ける必要がある小生にとって、デバイスプラスは必須なのだ。これはWiMAX2に乗り換えてはいけない理由の一つでもある。
受付け嬢が出るのだがどうにもプロっぽくない・・・。これはまぁやむを得ないとして、最終的に男性に交代され、回答を得るまでに10分掛かった。ちょっとこの辺は時間が掛かる感じはある。
結果はデバイスプラス不可。家電量販店系と違い、プロバイダー系WiMAXはこの辺をしっかりと確認して正解だったと良く思う。
もう一つ言うと、プロバイダー系WiMAXはサポートが苦手分野かも知れない。恐らくLTEも同様だ。
本来Sony系の企業であるSo-netなら考えづらいことだが、技術サポートもお強くは無かった。
デバイスプラスが必要な人はSo-netの契約は無理だし、もう一つ言えば、mobileルーターの操作が苦手な人はプロバイダー系WiMAXは避けた方が良いかも知れない。
どちらかと言えばプロバイダー系WiMAXは玄人向けで、インターネットに強い人なら満足して使えるだろう。UQ本体や家電量販店より基本料が安いので、サポート無しでもやれる人にはお奨めできる。