昨日の研修では自分が研修中の身でありながら、パソコン操作に関しては他の人をフォローすることが何度かあった。
前社でもそうだったのだが、研修中の身でありながら他の研修生のフォローに入ることは時たまある。
一般的にコールセンターと言えば、ヘッドセット付けた女性がパソコンをタタターッとしながら仕事している印象があり(またそういうCMが多く)、パソコンが得意そうなイメージがあると思う。

ところが実際のコールセンター勤務者のパソコンスキルというのは、SVやリーダーを除いてそんなに高くない。というより、一般のオペレーターは良くてタイピングが速くなっているくらい。基本的にソフトの類の操作は得意ではないケースが結構多い。
実際問題として、大半のコールセンターでは業務の大半が専用のアプリケーションを使うし、ExcelやWordを使う機会なんてそうそうないのだ。発信の仕事に於いては下手するとクリックだけ。パソコンが得意な人がいっぱいいそうに見えて、実はそうでもない職種なのだ。

それにしても昨日の研修で一番驚きだったのは、一昨日面接して昨日入った人間が小生のみだったということ。
他のメンバーの採用はもっと前にされており、一週間くらい前にはオリエンテーションや入社手続きを済ましていたのだとか・・・。
加えて小生は履歴書に書いた日付、センター指定のエントリーシートに書いた応募日は全部間違っており、昨日面接に応募したことになっている。そう、昨日面接受けて、昨日から研修を受けたことになっているのだ。【書面上】は・・・。
そんなところで、本日も研修。朝のひと仕事を終えたら現場に向かわせていただきます。