Windows7はXPのサポート終了による切替特需がある中で、全くもって需要を感じ難いWindows8.1。最新のOSで将来のサポートを考えれば8や8.1に需要があっても良さそうなのだが、果たして何故Windows8系統は需要を感じられないのか。 Windows7にしたってあと6年ほどでサポートは終了するわけで、反面、8は8.1にする際、いとも簡単にアップデートできた。アップデート後の後処理が大変だったが・・・。
一般的に、windows8はスタートメニューを無くしたことが大不評の原因とも言えるのだが、いざWindows8やWindows8.1を使ってみると、他にもソフトのレベルがWindowsの進歩のスピードに追い付いていないようにも見える。
例えばインターネット作成ソフトを例に見てみよう。小生が使用している主なソフトはパーフェクトトレジャーとホームページV3。パーフェクトトレジャーはもともとアフィリエイト用だけあり、まるでブログのようにホームページをどんどん量産できる。
ホームページV3も初心者向けと言われつつも、ちょっとしたテクニックと、センスを使えば『上級者っぽい』ホームページを作ることが可能ということがわかった。
どちらも良いソフトなのだが、いざ使おうとしてもソフトがWindowsのペースに追い付いていない感がある。例えばパーフェクトトレジャー。こちらは対応OSとしてWindows8はリストに入っていない。
一応、Windows8.1でも使えたには使えたのだが、警告文が出てしまう。続いてホームページV3。
同じくWindows8でも使えるには使えるのだが、頻繁に落ちてしまう。「解決策があれば、Windows側より通知されます」と表示されるのだが、そんな通知は一度もされたことが無い。つまるところ、『解決策はありません』と言われている・・・。

 どうやらソフトの性能はWindowsの進化のスピードにまだ追い付いていないのかも知れない。そう考えると、今はまだWindows7を使っている人が正解なのかも知れないと率直に思う。
ちなみに小生はWindows8.1へ最近アップデートしたが、直ぐにトラブルが発生した。
何故か無線LANを使えない小生のノートパソコン。普段はNEC Aterm3800RでUSB接続しながら使っているのだけども、なんとUSBでもインターネットへ繋げない。

XPやVistaに詳しい人がWindows7を使う場合、スタートメニューを呼び出してデバイスマネージャーやコントロールパネルを呼び出して解決策を探れるのだけども、Windows8にはそもそもスタートメニューが無い。デバイスマネージャーやコントロールパネルの呼び出し方が問題になってしまうのだ。
結局はWindowsマークキー+Xキーでデバイスマネージャーやコントロールパネルを呼び出せるとわかり、解決できたのだが、アップデートしてインターネットを使えなくなった時は本当に驚いてしまった・・・。
家電量販店ではもうすっかり姿を見なくなっているWindows7だが、オーダーメイドPC(BTO等)ならまだWindows7を選べる ので、店頭でWindows7を買い逃した方は是非とも注文販売をお奨めする。