ブログネタ
2014年の目標を教えてください! に参加中!
WiMAXの代理店として独立をし、古物商の許可証を取った小生は、旧ルーターの買取をするという方式でプロバイダーから貰うお金の何割かをお客様に還元できる。
そうしたビジネスを展開できるのは良いのだが、代理店として指定された商圏が狭いのが結構悩みだったりする。
WiMAXの代理店を始めたのは勿論、小生が最も得意な分野がWiMAXだから。良い点も悪い点も熟知しているつもりだ。
小生の最終的な目標はWiMAXのMVNO(基地局を借りてサービスを展開する方式)に参加することで、その過程として販売代理店を行うことにした。
とは言っても前途は正直に多難だ。何せ、営業方法にしたって、チラシ撒いたりテレアポしようものなら、1件ご契約いただくために耐えるクレームの方が多い。ネット営業こそ最も確実なアプローチ方法であることをブログ de ホームページの吉本さんが仰っているが、まさに本当だと思う。

とは言え、検索エンジンで上位に立つための争いは結構大変で、小生が運営するサイトで上位に立っているサイトは一つのみ。
本命のサイトは失業給付を受けていた手前、開業前に立ち上げるわけにはいかなかった。何せ、インターネットホームページをアップした段階で職安にとっては事実上の開業であり、失業給付の不正受給を疑われてしまう。
なにぶん、小生は臆病な性格なので、グレーゾーンを歩くのは苦手なのだ。

実際、失業給付を受け取っていた時は就職も考えてはいたし、そういった意味では給付を受け取るのに後ろめたいものは無かった。ただ、就職した先のことも漠然と考えると、果たして就職という道もまた茨の道が待っていないか不安が残る。
就職の不安要素をいくつか挙げると以下の点が挙げられる。

1.精神の病も収まってきたとは言え、『完治』はしていない状況
2.会社員の人生は上司に握られてしまうため、上司の機嫌一つで私のクビは飛ぶ
3.非正規での雇用になった場合、採用の内定と同時に5年以内の解雇が同時に内定する
4.いわゆるブラック企業へ就職する怖さ
5.出世の道が開かれていない

実のところ、2~4については健常な人でも充分に悩む領域ではないかと思う。小生自身も、2~4が最も悩んだ点だ。
小生が解雇された直接的な要因も、SVとの確執が原因だ。いくら精神的な病があると言っても、精神安定剤で騙し騙し1年間過ごせたのだ。嫌われた原因は正直によくわからない。ただ、コールセンターではSVが実質的に一番権限を持っているため、SVに嫌われればクビ、追い出し部屋まっしぐらだ。
通常の会社で言えば、SVは主任クラスになるのではないかと思う。マネージャーは雇用権・解雇権を持つが、実質的にSVの報告を受けているだけだ。主任の機嫌をそこねればクビに繋がってしまうことになる。

非正規雇用における5年問題はおよそ良く知られるところなので、ここでは割愛させていただく。
してブラック企業の問題であるが、残念ながらブラック企業はこの先、増えることはあっても減ることはまずない。
というより、日本の企業は高度成長期からほとんどがブラック企業であったと思うのだ。サービス残業や過労死は今に始まったことではないだろう。
ブラック企業に勤務する上でもっとも怖いのが、生きるために働くのか死ぬために働くのかが曖昧になる。生活のために働くはずが、いつの間にか働くために生活している自分がいるのだ。これも詳しくはまたの機会に述べたい。

最後に、大部分の企業に於いては、出世の道は新卒にある。中途採用にはなかなか開かれない現実があるのではないだろうか。『7割は課長にすらなれません』というタイトルの本があるが、残りの3割を占めているのは新卒社員が多いと思う。
いや、実際に中途でも出世できる人はできるのだが、解雇される時、『なぜか』中途組から馘首される。など。
出世できないことの何が問題なのか。と聞かれれば、『人事権が無い』の一言に尽きる。その上で上司に嫌われてしまうと、実力ではもうどうにもできない。

となると、ましてこの時代。企業内で出世していくか、自分で仕事を生み出して軌道に乗せる以外、生き残っていく手段が無いように思うのだ。
そこで、今はネットビジネスとしてスタートしたビジネスを軌道に乗せて、法人化したい。というのが今年の目標だ。