ブログネタ
宮崎駿監督の作品で一番好きなものは? に参加中!
一番好きなものは魔女の宅急便
思えば私が多摩に引っ越すことができたのは、むかし働いていた運送会社で、仲良かった先輩が国分寺へ引っ越したらか。
当時、久喜(埼玉県)に住んでいた私だが、腰痛の悪化により退職を決めていた。
引越し資金も貯まり、引越し先の物件を探していたものの、家賃が高いというイメージで東京都は当たっていなかった。
仲良かった先輩が会社を辞めて国分寺に越すと言ったとき、家賃を聞いたら3LDKで6.8万円。なんと安いことかと思った。そこでかねてより、住んでみたいと思っていた多摩へ越すことにした。
ケータイで調べてみると、家賃4万円~5万円台で住めるアパートはちゃんとある。
公園が多く、落ち着いた雰囲気の多摩ニュータウンは、やはり住んでみると都だ。
『魔女の宅急便』。
主題となるテーマは、自分の街を見つけること。だったと思うのだが、これは2、3回目の引越しではじめて身に染みた。
ちなみに続きのお話では、キキはトンボと結婚し、子供が13歳になった時に修行に出している。
小生は絵本で読んだ魔女の宅急便。今でも、絵本は大切に持っている。