ケータイ電話のメールアドレス。一回漏れると色んなところに拡散してしまい、気がつけばメールボックスは出会い系メールだらけ。一回一回見たくも無いのに、メールが来ているとつい目配りしてしまうのは、ケータイが持つ魔性の為せるわざである。
いままでパソコンやタブレットを買った時、幾度となく考えた。果たしてケータイに頼らずに生活できないかと。
思い立ってから、実際にケータイ不携帯を実行するまでは結構時間がかかった。
そんな私もケータイ不携帯を始めて早一ヶ月近く経つ。
はっきり言おう。快適である。
ケータイからパソコンへ。タブレットへ。頼る機械を変えただけなのにそんな快適になれるのか。そんな疑問が呈されるかもしれない。
あるいは、自分は困らなくても周りは困るだろ。と言う意見も挙がって来るだろう。強いて言えば、確かに周りは困る。
だが。
あらかじめケータイを携帯しない事を仲間に宣言しておくとどうだろう。携帯電話が生命線と言うべき職業ならいざ知らず。そうでない人なら携帯電話は手放してすら極端に困ることはあるまい。
ヘルプデスクという、閉鎖空間で働く小生にとって、ケータイ電話を持ち歩くことに意義を感じ難くなっていた。ケータイからパソコンへ。タブレットへ。頼る機械をほぼ完全に変えてから、日常生活はかなり快適になった。
livedoorブログの読者の中にはケータイ不携帯生活を検討している方はいらっしゃるだろうか。おそらくいるだろう。
次回の投稿では、快適なケータイ不携帯ライフをお手伝いしてくれる、タブレットの選び方を考察してみたいと思う。