問題のある発言も多かったとは言え、やはりホリエモンは根強い人気があるのだろう。
仮釈放を報じるニコ生で12万人もの視聴者を集めたことがそれを物語っている。
今でもホリエモンに不快感を抱く人は多いと思うが、それでも彼が話題を惹きつけてやまないのは何であろうか。
小生にも良くわからないが、ホリエモンには不思議な魅力があるのである。
東大在学中に起業し、若くして一代でlivedoorを大きな企業にしたことは若輩者にとって一筋の希望になったのではないか。
そして今、私たちがlivedoorブログを楽しめているのはホリエモンが作ったサービスが、確かに価値があったから続いているのだろう。そうで無ければNHNに買収されるどころか、livedoorのサービスが終わっていたはずだ。
社会復帰してからもまた事業に取り組むようだが、是非ともホリエモンには挑戦し続けて欲しいものだ。