女性に売れるiPad mini

iPad miniに挙げられる位置づけの一つとして、女性に売れるiPadを挙げることができるだろう。そして女性に売れる商品というのは非常に売れる。各販売店でiPadを買ったユーザーの性別を発表するかどうかはわかりかねるが、少なくともiPad miniの爆発的な売れ行きには女性購買者が貢献していると見ている。

iPad miniは従来のiPadより明らかに軽い。非常に女性向けのiPadと言っても過言ではないのだ。とりわけ、このiPad mini、非常に売れる背景には、女性の購入者が多かったと思う。

従来のiPadのサイズは9.7インチであった。このサイズはどれくらいのサイズかといえば、大体、女性のバッグよりちょっと面積が狭い程度。大き目のビジネスバッグやザックで歩くことが多い男性と比べると、従来のiPadは女性はちょっと手を出し難かったという実情はありそうではないか。





何故今、第三世代iPadか。

前編に於いて普通に使う分にはipad miniの性能で充分。と確かに小生は申し上げた。ならば何故、今更第三世代iPad世代iPadなど勧めるのか。しかも中古の。

これはまず、冒頭に述べたように、「買うまで待たない」ということが一つ挙げられる。実際、iPad miniを注文した人で入荷まで2ヶ月待った人もいるのだ。よほど「私、apple大好き」なんて人でもないとこの待ち期間は苦痛なのでは無いだろうか。これが理由の一つ。

続いて性能面。

第三世代iPadに使われているディスプレイはRetinaディスプレイ。iPhone5にも使われている高解像度の画面だ。この画像は9.7インチの画面で見ると、これまた感動的なまでに美しい。iPad miniのディスプレイはRetinaディスプレイではないので、ディスプレイの美しさなら第三世代iPadが上だ。

背面カメラの性能はほぼiPad mini

とおなじ。画素数が若干miniの方が画素数が高い。それでもL版でプリントする程度なら、第三世代iPad500万画素でも充分良い画質でプリントが可能だ。