ブログネタ
フリーターの本音 に参加中!
「それ、味の素入っとるで」
そう言われた時のために、一つの言い訳を用意したい。
「私は川越シェフのような敏感な下じゃないっす・・・」と。

関西に行って、まず食べたくなるのは駅そばだ。
関東と関西で味が違うことは誰しもが知っていると思うが、関東と関西の味を比べたら、どちらを美味しいと思えるだろうか。
恐らく関東~東北にかけては、関西の蕎麦に「味がしない」と言い出しかねないし、関西にかけては「真っ黒で醤油だけやないか~」と言い出しそうな気がしている。

私は個人的に、蕎麦は間違いなく、関西の方が美味い。そう思う。
もちろん、関東の蕎麦が不味いというわけではない。
埼玉で生まれ育ち、多摩ニュータウンで暮らす私だ。箱根そば、あじさい茶屋の蕎麦で心身を温めたことは、たくさんある。
それでも、関西のそばには敵わないものがある。

若い頃、新開地の立ち食い蕎麦で食べた『ぼっかけそば』には、深い感動を覚えた。
関西だしの凄さは、一緒に入っている具の味を、よく吸収するのだ。
麺座のそば

京阪では、丹波橋と中書島(京都市)で駅蕎麦を食べることができる。
『麺座』の容器は真っ黒なので、お出汁がどんな色をしているかわからないが、きつね蕎麦では油揚げの甘味がよく浸透するため、関東のきつね蕎麦より幸福感がアップする。

トロッコ嵯峨駅で食べる蕎麦も、やはりお出汁は美味かった。
関西はもともと食材がたくさん集まった歴史がある。それがあの薄口お出しなわけだが、良く言えば自然体だ。
基本的に食材(出汁)に任せるその味は、めんつゆで真っ黒に染めてしまう関東とは違う、自然さを感じられる。
関西のお出汁の美味いことよ。
だが、今年も大晦日は出勤だ。
年の瀬の最後の一杯は、登戸なり多摩センなりで、関東出汁を食べながら終えたいと思う。