ブログネタ
ノートパソコンっ! に参加中!

今までのパソコンで一番愛せたのがLavieY

一応タブレットに位置付けされているものの、使用感はノートPCにほど近いLavieY。
日本メーカー唯一のWindowsRT機として脚光を浴びる・・・ことは無かったこの端末は発売当初、9万円弱の値段で販売されていた。
LavieY自体はリリース時期からして売っている店があまりなく、見かけることができたのはケーズデンキくらいだ。
このLavieYはLavieと名の付くノートPCの中でもかなり変わった代物で、ディスプレイを360度回転できる他、天板にプラスチックではなく、アルミが使われているのも特徴的だ。
OSがWindowsRTということもあってか、Lavieらしさを殆ど感じないパソコンなのだ。

 
他のLavieとはデザインの違いを感じられる天板。

こんなLavieYも新品で買おうと思えばまだ買えることには驚いた。
取り扱いが確認できる場所と言ったらお馴染、価格.comでの確認なのだが、コイツの価格は64,800円。
なるほど、依然として新品は高い。
私は中古で買って35,000円だったのだが、このパソコン、中古では殆ど見ることができない。何せ私もソフマップのホームページで入荷の掲載を見た後、すぐに秋葉原ソフマップに行って、そこで売り切れになったのだから。

人に勧められるパソコンではない

個人的にはとても好きなパソコンではあるけれど、人に勧められるパソコンかと言うと、そういうことは無い。
自分が愛せるパソコンと人に勧められるパソコンは正直、違うパソコンになってしまう。
だいたい何故私がLavieYを気に入ったのかと言えば、その特異性にある。
日本メーカーで唯一のWindowsRT機にして、更に言えば、WindowsRTならではの不便さ。コレを買った時は勿論、WindowsRTの特性を知っていた上で買っているので、個人的に不満が無かっただけの話だ。
パソコンとしての実用性なら間違いなく普通に売っているノートPCを買う方が良い。

探す苦労をしたパソコンは愛着が湧きやすい

パソコンに愛着が湧くなど、普通の人から見れば「大橋さん、大丈夫?」と言いたくなってしまうだろう。
実際、パソコンなんて"普通の人"が"普通に使う"分には、OSとメモリと価格以外、気にすべき点は殆どないのだ。
強いて言えば、初めてのノートPCはLavieを推奨しているが、2台目以降は何を買っても"普通に使う"分には体感的な差を感じづらい。
「オンラインゲームやるからゲーミングパソコンが必要」とか、職業上、専門的な作業をするケースでなら高性能なパソコンが必要だと思うが、そうでもないと体感的な差を感じるのは難しい。
すると後は何でパソコンを選ぶかと言えば、用途と"好き嫌い"になってしまう。それこそ"愛着が湧くかどうか"の精神論だが・・・。
して、愛着が湧きやすいパソコンとはどんなパソコンなのか。
例を一つ挙げると、『探すのに苦労したパソコンは愛着が湧きやすい』と言っておこう。
探すのに苦労したパソコンは、性能が並でも不思議と愛せてしまう。
実際、私もLavieYを探すのに苦労したし、中古市場でもヤフオクなどに行かないと見かけないものだから、だいぶ愛着があるわけだ。
NEC製品に限っていえば、探すのに苦労するのは新品のVersaProと言ったところか。尤も、中古ではLavieよりVersaProをよく見るのだが・・・。

LavieY in 江ノ島