ブログネタ
ノートパソコンっ! に参加中!

汎用性で考えるならT100HA

Windows10のリリースと同時に早速2機種をリリースしたASUS。
10月にもWindows10を搭載したEeePCをリリースする予定であり、早くも新OSで3機種もの機種を出すに至ったわけだ。
ASUS TransBook T100HA

TransBookのTP200SAとT100HA。買うとしたらどちらを選ぶべきか。
個人的に汎用性の観点から、T100HAが良いと考えている。着脱可能のキーボードとカメラの存在が汎用性を上げているからだ。

TransBookの名前を冠していると言えど、TP200SAはキーボードが切り離せるようにはなっていない様子。
ディスプレイは360度回転できるようになっているが、キーボード着脱式と違い、アウトカメラは搭載できない。
もう一つ、TP200SAは11.6型だ。このクラスのサイズになってくると、概ね1.1~1.3Kgの重量がある。現にTP200SAの重量は1.2Kgで、片手で持つには重い。
よって、汎用性を重視するならT100HAに軍配が上がる。

テーブル作業重視ならTP200SA

ASUS TransBook TP200SA-3050
汎用性重視ならT100HAなのだが、テーブル作業重視ならTP200SAに軍配を揚げたい。
男性の場合だが、概ね重量とキーボードの打ちやすさを考慮すると、10.1型より11.6型の方が使いやすい。
逆に言うと、TP200SAに軍配を揚げる要素がそこしかないのだが、10.1型に比べて11.6型のキーボードが打ちやすいことは確かだ。

両者はバッテリーの駆動時間にも違いがあり、T100HAは11時間。TP200SAは9時間半となっている。
コストパフォーマンス重視ならT100HAなのだが、キーボード作業重視ならTP200SAを選んでもいいのかもしれない。