ブログネタ
ノートパソコンっ! に参加中!
BTOメーカーでも早くにWindows10をリリースするメーカーが出た。

マウスコンピュータは実際に注文を受けてから生産を開始する。
在庫リスクを抱えないようにしているがために、性能の割に安価に購入できるのが同メーカーの特色だ。
マウスコンピュータから2機種。
LuvBook CとLuvBook Bで1機種ずつだ。
マウスコンピュータのWindows10パソコン

型番はそれぞれLB-C240E(11.6型)とLB-B420EN-SSD32-BG(14型)。
OSは共にWindows 10 Home 64ビットで、SSDも32GB。オフィスは別途揃える必要がある。

価格は共に34,800円+送料でのスタートで、概ね40,000円台の予算で購入できる。
この2機種、どちらが良いかと言えば、できればLB-B420ENを勧めたい。
というのも、性能自体はどちらもほぼ同じ、値段も同額だが、バッテリーの駆動時間はLB-B420ENの方が長いからだ。
LB-C240Eは駆動時間6時間。対するLB-B420ENは8時間。
重量はLB-C240Eの方が400g軽いが、それなりに体力のある方なら、バッテリー駆動時間を取った方が良いだろう。
モバイルパソコンの肝はバッテリー駆動時間。
モバイルコンセント探しで困る思いをしたくなければ、LB-B420ENを選択するのが無難だ。