ブログネタ
UQ WiMAXについて に参加中!

結論から言おう。11月に至っては、GMO WiMAXが一番得だ!
申し込みのお得度に関しては、簡潔に以下の順番になる。
【Ⅰ】GMO WiMAX
【Ⅱ】Biglobe WiMAX
【Ⅲ】Nifty/So-net(どちらでも好きな方に)
要約すると、GMOはキャッシュバックが最大。
NiftyとSo-netはともにキャッシュバック額が同額の15,000円だ。
BiglobeではKindleのプレゼントとなり、途中解約時の違約金がどちらのKindleを貰うかで変わるというものだ。

GMO WiMAXのキャッシュバック額が高額!

貴方はWiMAX2+の契約をするにおいて、電話でのサポートは重視するだろうか?
もし困ったとき、電話でのサポートを重視するなら、GMOは薦められない事業者になるだろう。なぜなら電話が大変繋がらないからだ。オマケにフリーコールでもない。
ではもし、電話でのサポートを重視しないなら何を申込みの基準点とするだろうか?
おそらく月額と申し込み時の特典ではないだろうか?
GMOとくとくBBは電話サポートこそ良くはないが、その分、申し込み時の特典は一番大きい。
もし電話サポートを必要としないなら、GMO WiMAXで申し込むのが一番得だ。
実際、WiMAX2+の月額料金はどのプロバイダーもあまり変わりはない。差を付けるとしたら、申し込み時の特典なのだ。
その点、今月、NAD11で申し込むと、約27,000円でのキャッシュバックを受けられる。WiMAX事業者の中で、他プロバイダもこのキャッシュバックをやってくれるかと言えば、正直ありえないだろう。
もちろん、他プロバイダに申し込むなり、家電量販店に申し込むなりは自由だ。
ただ、電話サポートをほとんど必要としない人は、GMO WiMAX以外で契約すると、損した気持ちになるはずだ。他WiMAXに契約して損した気持ちになりたくないなら、GMOでNAD11を申し込むのが最善だ。




GMO WiMAX Cash Back

Kindleの種類が追加されたBIGLOBE WiMAX 2+ 


BIGLOBE WiMAX2+はもらえるKindleの種類が追加されている。
此方はKindle Fire HDか、Fire HD6のどちらか一方を選べる。
市場価格はKindle Fire HDの方が高いが、途中解約した場合の違約金もKindle Fire HDの方が高い。
最初2年の途中解約における違約金は、Kindle Fire HDが9,500円、Fire HDは4,000円。どちらも通常の解約金とは別途発生する。
取りあえず2年続けられるならKindle Fire HDを選んだ方がお得だ。
BiglobeKindle WiMAX Cash Back




 

殆ど差はないNiftyとSo-net

申し込み時の特典に関していえば、So-net モバイル WiMAX 2+もNifty WiMAX2+も大差はない。
どちらもキャッシュバックは15,000円だ。
これはどちらでも好きな方を選ぶことが良いだろう。
ただもし、2014年モデルのMeMoPad7が欲しいという場合、Niftyを選ぶ価値はある。
もちろん、タブレットは在庫がなくなると終了してしまうため、MeMoPad7が欲しい場合は早めの決断を推奨する。
どのプロバイダに申し込むかは自由だが、どこに申し込むにしろ、快適なWiMAX2ライフを過ごされることを祈っている。