ブログネタ
ノートパソコン に参加中!
本ブログのコンテンツの一部をサイト化させようと思い、近頃は朝にブログ、夜ホームページといった生活を繰り返している。
今、サイトを作るために使っているツールはダイレクトビルダーというツールだ。
このツールは情報商材のレポートと一緒に付いているツールで、私自身は無料で下したものと記憶している。

さて、無料で手に入るならと使っているこのツール。ブラウザからホームページを作ることができるため、OSは選ばずホームページを作ることができる。ただし、WindowsRTとは相性が良くなく、HTML無しでの編集はできなかった。
Windows8ならHTMLの知識成しでも編集・更新はできるが、実際に使ってみると、最終的にはHTMLに頼ることになると感じている。

ダイレクトビルダーでサイトを作る
これは実際にダイレクトビルダーを使って作成しているサイトの画面だ。
左のメニューボックスが3つに分かれているが、通常はメニューボックスが1つしかない。
現にこのホームページでも更新頻度が高くなると思われるページは、ダイレクトビルダーでのみ編集している。
(参考ページ:モバイル・ラボ WiMAX・LTE回線実測調査)
実際のところ、操作の大半がHTML便りで、サイト作成の大半はロリポップFTPを使っている。

ダイレクトビルダー
ダイレクトビルダーは情報の更新頻度が高くなりそうなページを作成する際に使用している。
ダイレクトビルダーで作成したページは、メニューバーの項目をいじることができない。それ故にHTML編集で補わないといけないのだが、それなら最初からHTMLで編集した方が早かった。

一度作成したら殆ど記事の内容を変えることがないページ、全てのページからのリンクはする必要のないページはHTMLでいいが、HTML編集は1ページ辺りの作業時間が増えるため、更新頻度が高くなりそうなページはダイレクトビルダーで作成した方が良かった。

ダイレクトビルダー、何気に使いどころは難しいかも知れない。
ホームページ初心者には苦しいツールになると思うし、WordPressやConcrete5を使った方が簡単に作業はできると思う。
それでもコレを使ってみて良かったのは、コロリポプラン(ロリポップ! の一番安いプラン)で運用ができることだ。
WordPressやConcrete5といったCMSはデータベースを必要とする。データベースを使おうとすると、その分月額は高くなるわけで、コロリポプランの運用ができるのは良いことだ。

ダイレクトビルダーが対応しているサーバーはロリポップ、ヘムテル、ハッスル、エックス、ちゅらうみの5つだ。
このうちロリポップのコロリポプランだけがデータベースがないため、ダイレクトビルダーでのサイト制作を考えるなら、ロリポップを推奨する。