ブログネタ
iPad に参加中!

初代iPad miniでのデレステがプレイ不能に‼

アイドルマスターシンデレラガールズ・スターライトステージ。
今までずっと初代iPad miniでプレイしてきたが、遂に来るべき時が来てしまったかという感じだ。
アイマス フリーズ
ライブ終了直後に硬直し、次の画面に進むまで2~4分掛かる。
もちろんライブinするときも同様で、1ライブ終了までに5~10分は経過してしまうのだ。
これでは今後Grooveや単曲イベントで上位目指しなど、夢のまた夢。だからといって毎回上位を目指すわけでもないので、しばらく様子を見ていたわけだ。
だが、粘ってもダメなものはダメかな。遂にiPad miniは動作非推奨端末にノミネートされた。
バージョン3.3.1へのアップデートはできなくなり、遂に初代iPad miniから買い替えねばならない時が来たようだ。
この時、私には選択肢が2つあった。
一つがiPad mini4を買う道。値段を考慮しなければ、一番ベターな選択だ。
もう一つが、iPad Air2。正直、音ゲーをするのに9.7インチは向いていないのだが、BookOffで比較すると、iPad Air2が1万円も安いではないか…‼
そこがまたサジ加減の微妙なところで、9.7インチ画面でも親指プレイできそうかがネックなのである。

安さには勝てずにAirを取る

最終的には価格の安さには負けた。
他にもつける屁理屈は色々あるのだが、ともかく31,000円で買えるという破格の安さには負けたのだ。
一応、安さ以外にもAir2の良いところを挙げておこう。
実際、それなりに運に恵まれないと、2017年のこの段階で、31,000円という破格で手に入ることはほとんどないのだから。

iPad mini4iPad Air2
CPUApple A8Apple A8X
RAM2GB2GB
質量304g444g
と言っても、実はiPad mini4とiPad Air2の性能差は、これ以外なかったりする。
どう考えてもiPad AirよりiPad miniの方が実用的なのだが、それでも大きなCPUは若干Air2の方が良いし、何より大きなiPadの方がAppleらしい高級感を味わえるのが良いだろう。だが最終的には価格で決めたのだが・・・。
iPad Air2で親指プレイ
早速Air2でデレステをプレイしてみる。
もちろんプレイは親指だ。
楽曲レベル25のSTORYでこの出来栄え。悪くはない。
それにしてもiPad Air2。動作が軽快すぎて腰を抜かしてしまった。
もともと使っていた初代iPad miniとは比べ物にならぬ速さ!
RAM512MB、AppleA5CPUなどとは比べ物にならぬ快適さがある。
もちろん、初代iPad miniだって、下手なAndroidタブレットよりは、かなり快適に使える速さがある。
だが、2014年発売のタブレットであるにも関わらず、iPad Air2というものは、ここまで快適に使えるタブレットであるとは想像だにしなかった。
中古タブレットとはいえ、使い心地は大変よろしい。
大きなタブレットにしては、まるで空気のような軽さ。そしてAppleならではの高級感。
最新の製品にこだわりがなければ、コイツで当面は生活できるだろう。