ブログネタ
インターネットサービスプロバイダー に参加中!

終わらなかった月間の速度制限無しキャンペーン

305ZTの月間速度制限ナシキャンペーンは4月末で終わるものと思っていた。
ちょうど新端末の401HWも発売されたし、それと共に305ZTのキャンペーンを終わらせ、3年縛りの401HWを押し出す方針に変わるのではないか。そう睨んでいた。

それ故に私も305ZTを補助回線として取り入れたし、私が申し込んだ時期は申し込みが殺到していたそうだ(100円PC市場の担当者より)。
ところがY!mobileは305ZTのキャンペーンを終了させなかった。いや、終了できなかったと言った方が実情として正しいのかもしれない。
今、305ZTのキャンペーンは7/14までの延長になっている。が、これは端末在庫がある限りずっと続くような気がしてならない。
或いは、ZTEから次の端末が出た時には話が変わるかもしれない。
ここから読み取れるのは、恐らくY!mobileは今、305ZTの売り上げにかなり依存している。そんな実情が見て取れる。

北足立郡伊奈町で305ZT

305ZTを超えられなかった401HW

Y!mobileが305ZTの売り上げに依存せざるを得ない要素として、401HWが305ZTを超える端末にならなかったことは大きい。
401HWと305ZTのスペックを比較した場合、端末重量以外の何もかもが305ZTより下なのだ。
加えて3年縛りの料金プランからMVNOは取り扱いをしたがらないのだろう。結果として、401HWはY!mobileのオンライン以外で見かけず、マニアしか買わないような製品になってしまった。

401HWはともすれば、303HWよりも酷い。Softbank Wi-Fiへの接続に逃げることもできないのだから。
結果として401HWはY!mobileにとって大失敗となった端末であり、305ZTに依存することになってしまった。

Y!mobileが305ZT依存を脱却できるのはいつになるか。
もう少しばかり先の話になりそうだ。